すっぴんメーク!あさイチで紹介されたメイク法 | 敏感肌でもすっぴん美肌になるには?どんなスキンケア?

すっぴんメーク!あさイチで紹介されたメイク法

コスメ

1980年代のバブル時代は濃い化粧が流行っていた。

90年代後半から薄めのナチュラルメイクが主流になってきた。

その後、化粧をしていないような「すっぴん風」が広まってきたそうだ。

でも、本当に何もつけない素肌が綺麗な人はなかなかいないから

すっぴん風メイクを雑誌などで取り上げて、「すっぴん風メイク」の

方法を特集しているようです。

 

あさイチで放映されていたすっぴんメーク

BBクリームCCクリームなど化粧下地の進化で肌の補正効果など機能は

多様化していることがブームの背後にあるそうです。

<気を付けないといけないこと

メークするとき、鏡を近くにすると厚塗りしすぎる。

下を向いてメイクしない。やはり厚塗りになってしまう(-_-;)

下地はスタンプを押すように少しづつ塗ることが大事!

 

濱田マサルさん
<著書>
「美容辞典」(講談社)
「読む美容辞典」(講談社)

ヘア・メーキャップアーティスト 濱田マサルさんに簡単にできる「すっぴんメーク」を、教えていた

だきました。「すっぴんメーク」の決め手は、適度なツヤと血色感です。

3つのポイントに気をつけると、健康的なすっぴんメークに仕上がります。

  1. 鏡と顔の距離
    メークする時に鏡と顔の距離が近いと、シミなどが気になり、隠しすぎてしまいます。
    人と話す時の距離まで鏡を離すことがポイント。目安は腕1本分です。
  2. 下を向かないこと
    下を向いてメークをすると顔に影ができてしまいます。その影を隠そうとすると、厚塗りになってしまいます。明るいところで、正面を向いてメークしましょう。
  3. 下地は丁寧に!
    すっぴんメークの仕上がりを左右するのは化粧下地の塗り方です。全体に均一に塗るのではなく、少量ずつ塗ってください。スタンプを押すように顔に塗っていくことがコツ。最後に優しくパッティングすると、なじんでいきます。シミなどが気になるところは重ねて塗るとカバーできます。
タイトルとURLをコピーしました