「マスクを外した顔を見ると老けた気がする」こんな悩みが増えています。 | 敏感肌でもすっぴん美肌になるには?どんなスキンケア?

「マスクを外した顔を見ると老けた気がする」こんな悩みが増えている

エイジングケア

新型コロナウイルス感染拡大が続く中で、マスクを長時間つけることが当たり前になってきていますね。こんな生活のなかで、

「マスクを外した自分の顔を見ると老けた気がする」
「ほうれい線が深くなった自分の顔に驚いた。老け込んだようでショックです」
という悩みを持つ人が増えているといいます。

専門家の話では「マスク着用で表情筋を使う機会が減り、たるみを生じる可能性がある」と指摘。

最近、大笑いしたことありますか?

感染リスクを考えて、できないことが多いですよね。

老け顔にならないためには?

顔のハリを保つための美容液、美顔器、ほうれい線のシワを改善するクリームなどでスキンケアしますが、そのほか方法はないのでしょうか?

東海学園大教授の梶岡多恵子氏は
「マスクを長期間継続して使用すると、顔がたるむ可能性はあります」と言われています。

今までは、人と接するとき、無意識でも様々な形で表情筋を使っていましたが、マスクをしていると頬骨筋はあまり動かしません。使わないことによる筋肉の衰えから、たるみを生じる可能性は高くなっています。

口の周りの筋肉を使う運動は、いろいろありますが、手軽に始められるもののひとつが、「あいうべ体操」です。

みらいクリニックの今井医院長が、15年前に考案
口呼吸を鼻呼吸に改善するための口周りの運動です。

「あー」「いー」「うー」と発音するつもりで口を大きく動かし、「べー」と思い切り舌を出す。

これを一日30セットを目安に続けると、口の周りや舌の筋肉が鍛えられます。

(参考:朝日新聞2021.1.10)

自律神経を整えて病気を治す! 口の体操「あいうべ」 (綴込付録:カード、小冊子、ポスター付き)